自作・DIY総合研究所トップへ戻ります

坪とヘーベー(u)とは?

自作・DIY総合研究所ホーム大工道具の使い方>用語:坪とuとは

坪とu

まず坪についてですが、1820×1820の大きさが1坪です。およそ3.3uです。
3.3u=1坪と覚えておいてください。。
これは尺の単位の項で説明した1間(けん)×1間の寸法になります。
畳2枚分に相当する大きさです。

さて、材料の必要数を拾うとして、例えば8畳間のお部屋があったとします。
これは畳8枚分ということになりますね。例えばここにフロアーを貼りたいとします。
床材のケース売りは大概無垢材が半坪入り、合板床が1坪入りが普通です。

畳8枚分=4坪・・・・一坪入りなら4ケース

必要ということになります。

お部屋の広さが○畳か?が分からない場合はu計算から坪を算出します。

例えば縦3640mm×横2730mmのお部屋があったとします。
これをメートル単位になおすと
3.64m×2.73m

となります。計算すると
9.9372u

となります。
次に坪に換算するわけですが、
一坪は3.3uですから、
9.9372uを3.3で割れば坪が出ます。

9.9372÷3.3=3.011…
約3坪になる訳です。(6畳間の部屋だと分かりました)

実は”尺”が分かっていると実に単純明快なのです。
上記単位の場合は尺で考えると
12尺×9尺
です。コレをで考えると(6尺で1間)
2間×1.5間

2×1.5=3
3坪という計算になります。

この計算の理由を述べますと1820×1820は尺間(貫)法でいうと1間×1間ですね。
1820×1820=1坪  と述べました。
1間=1820
ですので、○間×△間=○△坪
の式が成り立ちます。
ですからこのような計算となる訳です。

補足説明になりますが、不動産(土地)の考え方からいうとu(ヘーベー)で考えるのが普通です。
1坪=3.3u(1坪が基準)
の考え方ではなく
1u=0.3025坪(1uが基準)
と考えるのが普通です。

ここでこの答えに疑問を感じる方がいらっしゃるかもしれません。
1坪=3.3uの考え方から答えを導き出すと1(坪)÷3.3(u)=0.3030…つまり1u=0.3030坪となります。
しかし上の答えを見ると1u=0.3025になっています。これは厳密に言うと0.3025になるからです。理由を話すと長くなりますので省略しますが、答えだけ覚えてもらえればOKです。
こんがらがってしまいますので臨機応変に使い分けましょう。

材料の拾いでしたら
1坪基準
の考え方で必要十分です。

関連 単位についてメニュー
大工さんが使う電動工具を探す

のみや鉋などの大工手道具を探す
”尺”の単位について(尺貫法)
大工道具の使い方カテゴリトップメニューへ