自作・DIY総合研究所トップへ戻ります

住宅建築において使われる単位寸法について

自作・DIY総合研究所ホーム大工道具の使い方>尺の単位について

さしがねの項でもちょっと触れさせれてもらいましたが、ここでは
住宅建築において使われる寸法表示(単位)について
説明していきたいと思います。

”尺”という言葉を聞いた事がありますか?これは住宅建築で主に使われる単位で
尺貫法(しゃっかんほう)
と言います。
主に使われる単位は大きい順に

間・尺・寸・分・厘・毛

です。

基準となる寸法は1尺で、1尺がメートル法で、303oになります。
尺貫法の寸法を大きい単位から説明していきます。

間(けん)は  1間=6尺(約1820o)
例:2間半・・・・尺表記で15尺(12尺+1間の半分の3尺) メートル法で4550o
となります。

尺(しゃく)は  1尺=303o
例:3尺・・・メートル法で約910oです。
この寸法は建材等でよく使われる単位寸法になります。

寸(すん)は  1寸=30.3o(1尺の1/10) 10寸で1尺
例:5寸・・・・メートル法で約150o   5寸釘ってありますよね?あれは150oの釘の事です。
さしがねで想像してみるとわかるように、かなりビッグサイズな釘です。5寸釘はみんなの嫌われ者です。

分(ぶ)は  1分=約3o(1寸の1/10) 10分で1寸
例:3寸5分・・・・メートル法で約105o通常、柱などでよく使われる単位寸法です。

厘(りん)は  1厘=約0.3o(1分の1/10) 10厘で1分
例:5厘・・・・メートル法で約1.5ミリです。尺のさしがねに表記されている最小寸法が5厘です。

毛(もう)は  1毛=約0.03o(1厘の1/10) 10毛で1厘
例:1寸2分7厘5毛・・・・メートル法で約38.55oです。ここまでくるとメートル法で言うと、全くもってピンときませんよね?私達大工は”5毛”という単位まで使います。これはさしがねの最小表記である”5厘”の丁度半分を言いたい時に”7厘5毛”や”2厘5毛”などと使います。

さて、ここでメートル法での単位表記について疑問を持った方がいらっしゃると思います。

基準は”1尺=303o”です。それならば”1間”は6×303=1818oじゃないの?
と思うでしょう。
確かに正確に言えば1間は1818oです。ですが、実際に使われる(図面に記される寸法など)”1間”のほとんどが1820oです。
これは住宅の設計者等の考えにもよるのですが、”1間”を1820oとするのが普通なのです。(勿論1818oとする人もいます。)

まぁ簡単に言えば尺をメートル法になおして考える事はタブーであり、尺モジュールの住宅ならば基準は全て尺で考えるべきであるという事でしょうか。とは言ってもメートルで考えたくなるのが現代人ですから(笑)

ですから一般に覚える単位としては


1間・・・・1820o
1尺・・・・303o(ただし、3尺は910oと考えます)
1寸・・・・30o
1分・・・・3o
5厘・・・・1.5o



と覚えます。これを基準として寸法を使い分けてください。

関連 単位についてメニュー
大工さんが使う電動工具を探す

のみや鉋などの大工手道具を探す
 坪とu(平米)の単位と材料拾い
大工道具の使い方カテゴリトップメニューへ