自作・DIY総合研究所トップへ戻ります
車のユーザー車検
自作・DIY総合研究所ホーム車・バイクDIYユーザー車検の検査ラインでの検査の受け方
書類の手続きが終わったら次はいよいよ車の検査に入ります。
ここでは車検場の車の検査場内での手順と検査事項についてご説明してまいります。
上の図が全体の流れです。この図は実際の検査場に置いてあったマルチ・テスタの受験要領の冊子(代表的な例)を参考に
書きおろした画です。
(MARUさんありがとうございます!)
ちなみに検査場隅に立っているのが私だと思われます。(似ているからそうでしょう!)
上の車の絵に番号が書いてありますが、これが下に説明する事項の詳細に対応していますのでこの画を参考に
要領を把握していただければと思います。
1.準備 車検は一名乗車で受検します。
ホイールキャップなどが取り付いている車両は受検前に取り外します。

エアスポイラーの取り付け等により最低地上高が標準車より低くなっている場合はテスターに接触し車両を破損する恐れがあります。あらかじめ検査員に申し出ておいてください。
2.入場 信号灯(入場灯)が青になったら進み、検査ラインに入っていきます。
3.排出ガス検査及び記録

↑こんなヤツです


↑記録器はこんなの
検査ラインの機械に入る前に排ガスの検査があります。
停止線で停止し、ギヤを「”N”ニュートラル」にしてサイドブレーキを引き、車から降りて排出ガス測定器のプローブ(棒状の機械です)をマフラー内に入れます
しばらくすると検査結果が表示器に合否の判定が出ますので、判定が出たらプローブを抜き取ります。その後、記録器がありますのでそこに検査票を入れると合否が記録されます。
4.進入 進入表示器が「進入」になったら白線に沿って検査ラインの機械にゆっくり進入していきます。
5.サイドスリップ検査 サイドスリップテスタをします。
これはただ通過するだけの検査となります。

サイドスリップテスタの上では白線に沿ってハンドルを切らずにゆっくり通過します。
これのコツは”白線のラインに沿ってゆっくり”がコツです。(ライン内側10センチ以内くらいを通過するのがいいと思います)
ちなみにここで前輪、後輪の距離(ホイールベース)の測定も行いますので一定の速度を保持してくださいとの事。
6.スピードメーター、ヘッドライト、ブレーキの検査 スピードメーターの検査はスピードメーターの針が40キロを指したらヘッドライトをパッシングします。パッシングがない場合はヘッドライトを上向きに点灯して申告とします。(場所によってはパッシングではなく天井からぶら下がっているボタンを押すことによってパッシングの代わりとするところもあります。ボタン方式のほうが一般的かな??場所によってその方式が違いますので事前に検査員に聞いておいたほうが良いでしょう)スピードメーター検査のコツは40キロよりも多少低めの速度でパッシング(またはボタン)をすると良いです。

ブレーキの検査はブレーキペダルから端を離し、「フートブレーキを踏む」が表示器に点灯したらブレーキペダルを踏み込みます。これで判定結果が出ます。
次はサイドブレーキ(駐車ブレーキ)の検査です。「駐車ブレーキをひく」と表示器に点灯したら再度を踏みます。これでブレーキ関係の検査は終了です。

ヘッドライトの検査はギヤを”N”にしてサイドブレーキをひき、ヘッドライトを上向きで点灯させます。判定が出たらライトを消し、サイドブレーキを戻します。

ちなみにこれらの検査は検査場によって順番はまちまちです。検査順序の確認のためにも検査ラインに入る前に事前に見学しておいたほうがベターです。

すべての検査が検査項目毎に合否判定が出ます。すべての検査が終わると「前に進む」と出ますので前に進んでください。この時に合格にならなかった項目があっても前に進みます。(後から不合格となった検査のみ受検することができます)
7.記録 ”6”の検査項目について検査票に判定の記録をします。
※検査場によっては記録は検査員が行う場合もあるそうです。
8.外観検査及び下回り検査 同一性の確認、外観検査、灯火装置の検査(これは検査ラインに入る前に検査をするところもあります)下回りの検査を行います。
まぁ難しいことはさておき、この検査は主に下回りの検査をすると思ってくれれば良いです。
ドライブオンリフトの上に乗り、ギアを”N”にします。ちなみにドライバーは車に乗ったままです。
リフトが持ち上がり、検査員の目視によって検査されます。
ねじの緩みがないか等、ハンマーでコンコン下周りを叩かれます。
これですべての検査が終了となります。
9.退場 検査の総合判定を受けたら退場します。新たに発行された車検証は車検検査ラインの出口でもらえます。(一度車を駐車場に置いて事務所に戻って車検証をもらうところもあると思いますが浜松はその場の出口でもらえました)
これで新たに車検が取れたことになります。
検査ラインでのその他のポイント 検査場(検査ライン)での受検の要領は事前にしっかりと把握しておく必要があります。
検査場にいるユーザー車検以外の人たちはそれを商売としているプロの方々ですので車検のラインでの作業は非常に速やかで手馴れています。私たちユーザー車検の人たちは作業が慣れていないためにアタフタして多少なりとも煙たがられる雰囲気にあります(これは正直どこの検査場へ行っても感じます)ので検査ラインであたふた手間取っているとイライラされることがあります。(私が行った時は一人言い合いしていたのを見ました(;^ω^))これは相手も商売でやっていますのでしょうがないことだと思います…

そんなトラブルを避けるためにもスムーズに検査を行う必要があり、そのためにもまず検査場内でどんな検査が行われているか、手順、記録の仕方はどうかなど、プロの方々が行う手順を一台を最後まで追って見ていることが大切です。検査ラインの下見は必ず行いましょう!

・わからないことは検査場にいる検査員にどしどし聞きましょう。検査ラインが比較的すいていれば検査員が一つ一つ教えてくれる場合もあります。相手は人間ですから丁寧な対応をすれば丁寧な対応で還ってきますよ(・∀・)

事前に光軸のチェックだけは整備工場で行ってあわせておきましょう。(結構ずれているものです)
その他 軽自動車のユーザー車検にかかったお金
車検代 検査料 1,400円
重量税 8,800円(5ナンバー) 5,600円(4ナンバー)
自賠責保険 22,540円(期間により多少上下ありです)
自賠責は検査場内でも入れますが、光軸のチェックと共にその整備工場で入っておくと当日焦りませんょ!
その他整備費 各々。

合計30,000強〜40,000円未満ほど平均35,000円といったところでしょうか。

ユーザー車検にかかる時間
1時間ほど。半日あれば余裕です。

ユーザー車検に必要な書類等
1.自動車検査証
2.軽自動車納税証明書(継続検査用として交付されたもの)
3.自賠責保険証明書(受検当日から今回の検査で更新される期間を上回る期間のもの)
4.点検整備記録簿
5.使用者の印鑑
当日検査場で発行されるもの
6.継続検査申請書
7.自動車重量税納付書(自家用8,800円 事業用5,600円)
8.軽自動車検査票(当日の検査予約確認の際に渡されます)

以上です。皆様是非ユーザー車検にトライしてみてください!!
関連 ユーザー車検メニュー
整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
軽自動車のユーザー車検(書類の手続き)へ戻る

軽自動車の車検予約全国一覧(テレホン予約です)

バイクのユーザー車検はコチラ
車・バイクDIYカテゴリメニューへ