自作・DIY総合研究所トップへ戻ります
バイクのキャブのオーバーホール
自作・DIY総合研究所ホーム車・バイクDIYマフラーの交換
次にマフラーをノーマルに戻す作業を進めていきます。
まずは現状のカスタムマフラーを外しましょう!
まずはマフラーの根元です。ここが2本のナットで止まっていますのでコレを緩めます。(まだ外しません)
次にエンド部分にもマフラーを止めているボルトがありますのでこちらも緩めておきます。コレを緩めてから上記写真の部分のナットを外していきます。
マフラー根元の取り付け部は入り組んでいますし、マフラーのパイプ自体が邪魔をして入り難いのでユニバーサルジョイントを使用して(自由に首が振れるジョイントです)回していきます。
ボルト類を緩めていく時は必ず留めているネジ、ボルトは同時に緩めましょう。一つだけに集中してはだめですょ!
大分放置してあった車両なので、ナットが固着しています。
こんな時はCRC等の潤滑油をさして暫く放置し、なじませた後に緩めれば大概緩みます。
が、この場合あまりにも固く緩まなかったので最終兵器”レンチ2本掛け”で対応しました。こうする事によって工具自体の支点から力点の距離が稼げ、トルクをかけやすいので固くなったネジも比較的簡単に緩められます。
しかし、この使い方は工具を傷めやすいので本当の最終手段と考えて下さいね。
マフラーにはこのような排気漏れを防ぐ為のパッキンがあります。
これは交換毎に変えるのが普通とされていますので変えておいたほうが無難です。バイクパーツショップで売っています。
ノーマルマフラーに換えおわりました♪次はサスの交換です。
関連 メニュー
整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
キャブのオーバーホールへ戻る

サスペンションの交換へ進む
車・バイクDIYカテゴリメニューへ